足がクサイ!その原因と7つの要因、あわせて対策も教えます

足がクサイ!その原因と7つの要因とは?

靴を脱いだあとの足のニオイって気になりますね。脱いだときの靴を臭って鼻をふさいだ人も多いはず、私も自分の足と靴を臭ってあまりの臭さに倒れそうになったこともあります。

しかし、キレイに洗ったはずの足がなぜ、こんなにも臭くなるのでしょうか?

家を出て仕事などで靴を1日中履いて帰宅すると、とんでもなく臭くなることもあります。このニオイの原因は雑菌です。

あなたの足が臭い原因は雑菌

 

ニオイの原因は雑菌(バクテリア)ですが、なぜ雑菌がいるのしょうか?

人間には、もとから皮膚善玉菌と皮膚悪玉菌という常在菌が存在します。普段この2つの菌はバランスを保っていてニオイを発しないのですが、なんらかの理由によりバランスがくずれ皮膚善玉菌より皮膚悪玉菌が上回ると悪臭を発生させてしまうのです。

では、このバランスが崩れる理由とはなんでしょうか?

それは、汗などでふやけた角質が皮膚悪玉菌のエサとなり菌が繁殖したときです。

そしてエサをもらって繁殖した雑菌が足の角質・皮脂・汚れなどを分解します。その分解で発生する悪臭物質がニオイの原因の正体です。

この悪性物質とはイソ吉草酸・酢酸といわれ、特にイソ吉草酸が足のニオイに大きく関係します。また酢酸は汗のニオイです。

雑菌が増える7つの要因

 

臭わない足にするには雑菌を増やさなければいいのですが、どうして増えてしまうのでしょうか?

7つの要因を説明していきます。

要因その1.多汗症などによる大量の汗
雑菌は高い湿度を好みます。湿度を上げるには水分が必要ですが、その水分になるのが汗なのです。
汗がでる汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、エクリン腺は全身のほとんどに分布し、主に体温調整のために汗を出す汗腺で、分泌される汗は無味無臭です。
一方、アポクリン腺は身体の限られた場所にあり、特にワキの下に多く分布。アポクリン腺から出る汗は白く濁っており、脂質やタンパク質などニオイの素となる成分を多く含んでいます。
足から出る汗はエクリン腺から分泌される汗なので本来は無味無臭なのですが、靴の中では湿度をあげ雑菌が繁殖することによりニオイの原因となります。
要因その2.ストレスによる発汗
ストレスによる発汗も上記と同じ理由から雑菌が繁殖しやすい環境をつくる原因になります。
ストレスで汗をかく?と思われるかも知れませんが、睡眠不足や緊張などもストレスです。
特に緊張した時などは汗を出やすいです。私は高所恐怖症なのですが、高いところにあがると冷や汗がとまりません、これもストレスですね。
要因その3.爪垢
爪の間には、汗や皮脂を分解した雑菌が蓄積されやすい場所です。
靴の中は、高温多湿の状態が続きやすく足全体に悪臭成分として変身した雑菌が多く存在し、爪の間に垢として溜まっていくのです。
そのニオイは、日に日に足の臭いニオイが強くなるので気をつけてください。
要因その4.指の間の細菌
指の間も雑菌が溜まりやすい場所です。
また、指同士が擦れることによって皮膚が剥がれ落ち雑菌にエサを与えることになります。
要因その5.角質
雑菌のエサとなるのが角質や汚れです。
この角質が汗でふやけて、剥がれ落ち分解され悪臭物質にかわるのですが、特に足の裏の角質は分厚く剥がれると雑菌(バクテリア)に大量のエサを与えることになるのです。
要因その6.靴自体が臭い
衣類などと違い、普段あまり洗わない靴。特に革靴など洗うことが出来ない靴は、付着した雑菌がいつまでも住みついています
またブーツなどは、雑菌が大好きな高温多湿の環境をつくりやすいので注意が必要です。
要因その7.靴下の種類
靴下の種類によっても変わってきます。
種類といっても通気性が良いとか5本指で蒸れにくいなどではなく、素材で変わってくるのです。
注意しないといけない素材は、汗を吸わないポリエステルやナイロンなどの化学繊維の靴下です。
汗を吸わない化学繊維の靴下では、靴の中で汗を発散しても蒸れとして残るだけなのです。

足が臭わない対策を教えます

 

足が臭くなる7つの要因

  1. 多汗症などによる大量の汗
  2. ストレスからくる発汗
  3. 爪の垢
  4. 指の間の細菌
  5. 角質
  6. 靴自体の臭い
  7. 靴下の種類

足が臭くなる原因と7つの要因がわかっても、なんの対策も行わなければニオイが改善するわけがないです。それでは足が臭い原因を排除し臭わない足にするための対策を教えていきます。

 

対策その1.汗編
汗対策は簡単。汗をださなければいいのです!と言いたいところですが、それは無理な話なので汗がでる前と汗がでた後の対策を行っていきます。
汗がでる前にできる対策

    • 通気性の良い服装を選ぶ

    • デオドラント・制汗剤をつかう

    • ストレスを溜めない

1.通気性の良い服装

汗がでる前にできる対策として、まず通気性の良い服装を選ぶことが基本になります。当然ですが体温があがると汗が出やすくなるからです。

なるべく薄手で通気性の良い服を選びましょう。また靴下は人に見せないor見られても恥ずかしくないのなら5本指の靴下がおすすめです。

そして靴ですが、サンダルなどが通気性には優れてますがビジネスマンの方などは革靴ですよね。
革靴は通気性があまり望めないので中敷き(インソール)を通気性のいいものに替えるだけでも効果的です。

 

2.デオドラント・制汗剤をつかう

次にデオドラント・制汗剤をつかう方法がありますが、主にスプレータイプとクリームタイプの2種類があります。

スプレータイプの場合は靴下の上からでも使えるという手軽さがありますが、効果は少し弱く持続性も低いです。

そしてクリームタイプは直接、肌に塗るので効果が高く持続性も高いが、外出先などで靴下を脱いで塗るというのは難しいという不便さもあります。用途に合わせて使いわけましょう。

 

3.ストレスを溜めない

ストレスがあっても人は汗が出やすくなります。特に緊張によるストレスの場合に汗が出やすいです。

深呼吸する・リラックスする・練習して自信をつける・音楽を聴くなど、自分なりの緊張を和らげる工夫をしてみましょう。

これとは別に、去年まではそんなに汗が出なかった無かったのに、今年はすごく出るようになったと感じる人は多汗症の可能性があります。

また汗のニオイが甘い感じがする人は糖尿病の疑いがあります、どちらも医療機関で一度、診察を受けるといいです。

汗をかいた後にできる対策

    • 体温を下げる

    • 汗を拭きとる

汗がでた後にできる対策は、出てしまった汗を拭きそして体温を下げることです。

 

1.汗がでたら放置せず、すぐ拭く

顔や腕などの汗はハンカチなどで簡単に拭き取ることができますが、足の裏を拭くのは外出先などでは難しいです。可能であれば休憩時間などにトイレで靴下を履き替えるのが私のおすすめです。

汗をそのまま放置してると体温が下がりにくいだけではなく、蒸れの原因にもなるのでこまめに拭き取るようにしましょう。

 

2.体温を下げる

体温を下げるには冷房に当たるのが速いのですが、外出先などで難しい場合は冷えたペットボトルでワキの下や首元を冷やすのが効果的です。また清涼感の強い冷却効果のあるスプレーなども瞬間的ですが効果があります。

対策その2.菌を抑制・軽減しよう編

通気性の良い服装や制汗剤などで、ある程度の汗対策はできましたが、まだ不十分です。

次はニオイの元となる菌を抑制・軽減する対策をおこないます。

なぜ殺菌や滅菌ではないのかといいますと、菌を殺すには殺菌(消毒)すればいいのですが、それでは悪玉菌は死滅しますが善玉菌も死滅する可能性があります。

菌のバランスが崩れると余計に変なニオイを発する場合もあるので抑制・軽減するのがいいのです。

自分で出来る抑制・軽減とは・・・

菌を抑制・軽減するには
1.角質ケア
2.とにかく足を清潔に
3.乾燥させよう

 

1.角質ケアをおこなう

足の裏の皮膚は厚く結果、それが靴の中でムレムレになって剝れ落ちた角質が菌に大量のエサを与えてしまうのです。だから厚くなってしまった角質をとる必要があるのです。

ケアをおこなう場合ですが、軽度の場合はフットスクラブとフットブラシを使ったケアが、少し厚い中度の角質には足用のヤスリで削るのがいいです。

また歩くと痛みを伴うような重度の角質は素直に「フットケア専門店」に行きましょう。
理由は、誤った自己流ケアは余計に症状が悪化する場合があるからです。

いずれの場合もケアが終わったあとは、忘れずに保湿クリームなどで保湿をしてください。

削ったあとの肌は弱く、そのままだと肌を守ろうと厚くなろうとします。なのでケア後はしっかりと保湿してあげましょう。

 

2.とにかく清潔に

菌を抑制・軽減するには「とにかく清潔にする」ことが大切なのです。

お風呂で足を洗うときは、爪や足の指の間など汚れが溜まりやすいところは、しっかりと洗いましょう。

爪の間はタオルでは洗いにくいので、歯ブラシなどを使って中の汚れをしっかりと、かき出すようにしてください。

 

3.乾燥させよう

菌は水分がないと生きていくことができません。絶えず乾燥した状態を保てればいいのですが、難しいのでお風呂からあがったら足の裏は、しっかりと拭くようにしてください。

そして自宅などでは、汗ばんだら直ぐに拭き取る習慣をつけるといいです。またティッシュで拭くと毎回、清潔なのでおすすめです。

肝心なのは「乾燥させる」・「汗ばんだままにしない」、このことに注意するだけでも全然変わりますよ。

対策その3.靴・靴下について
1.靴について
ほぼ、毎日使っている靴。スニーカー・サンダル・革靴など種類がありますが、靴のポイントは毎日同じ靴を履かないことです。
どんなに足のケアをして、どんなに除菌・殺菌スプレーを使ったとしても菌は必ず存在します。
大切なのは菌を繁殖させないことです。例えば、1日3時間しか履かなくても、毎日同じ靴を履けば、菌は大喜びで繁殖していきます。
これでは、いくら足のケアをしても効果が半減します。菌を繁殖させない為にも数種類の靴をローテーションして使うのが効果的です。
また靴を置く場所は、風通しのいい場所に置き、菌の繁殖を防ぐ工夫をしましょう。
スニーカーなど洗濯が可能なものに関してはコインランドリーで靴専用の洗濯機があり、洗濯も乾燥もできるので定期的に洗うことで菌の繁殖を抑えるのがポイントです。
2.靴下について
「抗菌・消臭」・「蒸れにくい」・「5本指タイプ」・「スニーカーソックス」など様々なタイプがあり、それぞれ効果的ではあるのですが、注意していただきたいのが素材です。
ナイロンやポリエステルなどの化学繊維の靴下は汗を吸収しません。Tシャツなどの衣類は、汗が付きにくく乾きやすいので効果があるのですが、靴の中ではどうでしょう?
汗を吸収しないために、いつまでたっても靴の中が汗でグズグズになってるのです。
では、一体どのような素材が向いてるのでしょうか?
それは綿・麻・シルク・ウールなどの天然素材が向いてます
特に、麻の靴下が吸収性・放湿性・強度の点からも一番おすすめできます。次に綿の靴下がいいでしょう。
綿も、麻には劣りますが吸収性・放湿性・強度に優れていて、コストも安いので気軽に買える点もおすすめできます。
リーズナブルで万能なのは綿の5本指ソックスが汗対策には効果的です。

足が臭い原因と対策まとめ

 

足が臭い原因
☑足のニオイは雑菌が原因
☑人間の皮膚にはもとから常在菌がいる
☑常在菌には善玉菌と悪玉菌がいてる
☑悪玉菌の中の雑菌が角質や汚れをエサに分解・繁殖
☑分解で発生する悪臭物質がニオイの犯人
☑悪臭物質はイソ吉草酸と酢酸
☑イソ吉草酸こそが臭さの真犯人
臭わせない対策
☑とにかく清潔に
☑足の裏の角質は雑菌のエサに
☑角質・見落としがちな爪の垢も汚れをおとしケア
☑雑菌は水分があると繁殖するので汗には注意
☑どうしても出る汗はできるだけ拭き取る
☑制汗剤を上手に活用
☑毎日同じ靴を履かない
☑靴下は天然素材のものをチョイス
☑ニオイが気になる人は必ず汗・角質・靴のトリプルケアを

本気で足のニオイを治したいなら「汗対策」・「角質ケア対策」・「靴・靴下対策」3つをすべて同時に行うことが重要です。あなたも無臭の足を取り戻しましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめの記事